新潟 酒の旅2

カーヴドッチワイナリー

今回の新潟の旅行の主目的、カーヴドッチワイナリーに向かいます。

新潟から車で1時間ほどですが、今回はワインを嗜みに行くので公共交通機関で向かいます。新潟駅からJR越後線で巻駅まで。

この巻駅からは新潟の西蒲区を回るコミュニティバスを利用してワイナリーへ。

問題点はこのにしかんバス、巻駅との接続が悪すぎて1便に乗るためには巻駅で1時間ほど待たなければならないのが辛いところ。

www.niigatawestcoast.jp

バスに乗って二つ目のポイントがカーヴドッチワイナリーになります。

本来ならここで1時間ほどワイナリー巡りして2便のバスに乗ろうと思ってたのですが、各ワイナリー巡りも楽しくて3時間も滞在してしまいました。いずれもワイナリーも個性が際立っていてついつい長居してしまいますね。

ワイナリーのほかにも宿泊施設に日帰り温泉もあるんで、じっくり過ごすのもまたいいですね。

 

中心となるカーヴドッチワイナリーの周りにも4か所のワイナリーがあります。まずは周りから攻めていきます!

 

1.ルサンクワイナリー

フランス風の外見の建物で、ぶどうは余市から仕入れているとか。

にしかんバスに乗るといくつかクーポンが付くのですが、そのうちの一つを使ってここでは1杯試飲が無料になります。

まずはシャルドネ白を。オーク樽を使って熟成しているとかで香りも良かった。

f:id:hijirin18:20201003111430j:plain

もう1杯マスカット・ベリー赤を。こちらもオーク樽だそうで。

f:id:hijirin18:20201003111442j:plain

f:id:hijirin18:20201003111417j:plain

 

2.カンティーナ・ジーオ・セット

こちらはイタリア風。

ご主人もイタリア大好きだそうで。

お店には家飲み用12本セット3万円とか並んでました。このご時世、なかなかワイナリーツーリズムも大変な模様です。

f:id:hijirin18:20201003111455j:plain

ここではお勧めされた鶏マークの赤を。なかなかのボディの強さでした。

f:id:hijirin18:20201003111507j:plain

 

3.ドメーヌ・ショオ

ぶどうも多く生っている畑の向こう側に醸造所が。

ここのご主人は話好きで地元の話、ワインの話など楽しく過ごさせてもらいました。

f:id:hijirin18:20201003111518j:plain

ワインのラベルはお子さん作のものも多いそうで。個性的なワイナリーが多いここでも特に個性的なワインでした。特に魚に合いそうなワインが多かったです。

f:id:hijirin18:20201003111529j:plain

個性的なワインの中でも最も際立ったのがこちらの微発泡の白。

メガネのラベルがトレードマークの一本。まるでレモン汁のような酸っぱさが僕みたいな好き者たまらない!

f:id:hijirin18:20201003111539j:plain

 

4.フェルミ

ここだけレストラン併設で、高級感は随一。

レストランのほうは時間の問題も、その前に予約しないと一杯な人気でスルーでしたが、試飲コーナーはOKだったのでいただいてきました。

f:id:hijirin18:20201003111552j:plain

ここはスペイン風。しかもリアス・バイシャスという日本ではなかなか聞かないところです。ブドウ品種も当地で栽培されるアルバニーニョが使われています。

個人的は去年のサンディアゴ・デ・コンポステーラへの旅行で現地近くで味わったワインなので馴染みもわきました。

この新潟西蒲区と地形地質的に似ているところもあるそうで。

f:id:hijirin18:20201003111603j:plain

 

5.カーヴドッチワイナリー

ラストはこのワイナリーの親分へ。ワイナリー中心部で、パン工房やレストラン、ジェラートも楽しめます。

まずはスパークリング。

f:id:hijirin18:20201003111619j:plain

そして赤。

この赤は本気で美味かった!

f:id:hijirin18:20201003111630j:plain

 

弥彦ブリューイング

再びにしかんバスにのり途中、多宝温泉だいろの湯で汗を流して、弥彦神社へ。

だいろの湯の大浴室は素晴らしいとろみがかった昆布色の温泉。肌が若返りますな!

そして弥彦神社を詣でたのちに電車の時間まではこちらのブルワリーで一休み。

元は酒屋だったそうですが、今のご主人がビールの醸造を始めたそうで去年開業したそうです。

f:id:hijirin18:20201003111644j:plain

さきほどのカーヴドッチワイナリーのワインもいくつかここでも飲めますが、やはり自家製のビール、伊彌彦エールをいただきます。

イカボールもなかなか!

弥彦神社近くの酒屋でも飲めますが、やはり作っているところで飲むのはいいですね!参道からは少し外れた静かなエリアにお店があります。

f:id:hijirin18:20201003111656j:plain

 

天二

夜は新潟駅ちかくの大衆居酒屋に。

ビルの1階には立ち飲みの天一、2階は座席でゆっくりのこのお店。

2,580円の晩酌セットではお酒2杯、刺し盛、串焼きセット、煮込みにお通しも付きます。お酒は新潟の地酒ももちろんOKでこれだけで満足してしまいます!

f:id:hijirin18:20201003111717j:plain

f:id:hijirin18:20201003111729j:plain

f:id:hijirin18:20201003111740j:plain

 

ぽんしゅ館クラフトマンシップ

本命のぽんしゅ館がソーシャルディスタンスであまりの待ち時間だったのでこちらへ。

新潟の各酒造で一番いい酒を味見できます。

ずらりと並んだ一升瓶は迫力ありますね!

f:id:hijirin18:20201003111803j:plain

f:id:hijirin18:20201003111817j:plain

f:id:hijirin18:20201003111828j:plain

f:id:hijirin18:20201003111752j:plain

 

やきとり大将

先ほどのお店で少し飲んだ後、新潟ラストのお店へ。

新潟駅北側の飲み屋街を少し外れたところに実に昭和なたたずまいのこちらの焼き鳥やがあります。

生ビール180円、焼き鳥1本100円というコスパのすばらしさ。とはいえ味も確かで、新潟ならではか鴨の焼き鳥なんかもあり、当たりのお店でした!

また新潟行ったら寄りたいですね!

f:id:hijirin18:20201003111841j:plain

f:id:hijirin18:20201003111852j:plain

新潟 酒の旅1

はせがわ酒店

新潟への酒の旅の始まりは東京駅地下のグランスタから。

2020年8月に東京駅で醸造を始めたはせがわ酒店さんで駆けつけ一杯。

ここで醸造されたどぶろくも美味しい!つまみもお手軽価格で新幹線までの時間をふらりと待つのは楽しいですね。

このどぶろく、甘みもちょうどよくて油断するとくいっと飲んでしまいます。

f:id:hijirin18:20201003111229j:plain

2杯目はBrooklyn Kura。ニューヨークで醸造をしている日本酒だそうで、国内旅行だけど海外気分ですな。

こちらもすーっと入ってくる感じ。おいしー。

f:id:hijirin18:20201003113714j:plain

沼垂ビール

新潟駅からバスで少し沼垂地区で醸造されているクラフトビールを飲みに。

住宅地と商店街のはざまぐらいのところに蔵のような作りのブルワリーが。

沼垂は「ぬったり」と読むなんて初見じゃわからんですわ。

f:id:hijirin18:20201003111242j:plain

ビールフライト3種セット。

ヴァイツェンIPAペールエール。個人的にはIPAが良かった。

このほかにもいちごなどフレーバー系も充実してて女性にもいいラインナップかもしれません。

f:id:hijirin18:20201003111255j:plain

おつまみも充実。

ソーセージにポテサラ美味い。

f:id:hijirin18:20201003111307j:plain

別館立ち食い弁慶

ビールで始めた飲みの次は新潟の美味しいものが集まるぴあ万代へ。

お店の一角には新潟のワンカップがずらりと並んだケースが。

セルフ方式で一本400円。いろんな味を楽しみたい身としてはうれしいですな。

基本的に東京では見ないワンカップばかりでテンションも上がります!

f:id:hijirin18:20201003111319j:plain

お店の名前通り寿司は立ち食い方式。

2貫140円のネタから。時産のものも多くて美味しい!特にブリは新潟ではよくとれるらしく身も締まって美味しいのに一番コスパのいい140円ゾーン!

カワハギなんかも美味しかった!

f:id:hijirin18:20201003111338j:plain

f:id:hijirin18:20201003111350j:plain

 

 

道東旅行 ご飯

今回の道東旅行で頂いた食べ物たち。

北海道はやはりご飯美味しいですね!

 

阿寒湖で泊まったホテルからお土産でもらったメロンパン。

朝ごはん代わりに食べました。ふわふわ、甘い香りも楽しめます。

f:id:hijirin18:20200927110414j:plain

 

網走の道の駅にて。

釜めし。ウニをほぐして食べます。

デザートにはアルコールを抜いたワインシャーベット。これが100円というお値打ち価格。上品なお味でした。

f:id:hijirin18:20200927110120j:plain

 

羅臼の道の駅、知床食堂でうに丼!夏の北海道といえば、やはり旬のエゾバフンウニ満載の贅沢丼を食べないと!

もはや説明不要の美味さ。

羅臼名物の黒鱧丼も捨てがたかったのですが。。。そちらは次の機会にでも。

f:id:hijirin18:20200927110135j:plain

 

中標津で祝支度したホテル併設の居酒屋にて。

どれも美味しく酒によく合いました!

まずは牡蠣のポン酢和え。岩ガキ使っているだけあってデカい!

f:id:hijirin18:20200927112117j:plain

海の幸以外にも。ここではよく味の染みついたベーコンを。

f:id:hijirin18:20200927110203j:plain

そしてタコのから揚げ!

f:id:hijirin18:20200927110217j:plain

 

際ほどの豚も育っている養老には山に牛の文字がクッキリと。

この牛のマークが見える道道505号を南下していくと、、、

f:id:hijirin18:20200927110243j:plain

こちらの山本牧場へ。

505号から少しだけ入るのですが、看板もないのでちょっと難しいかも

f:id:hijirin18:20200927110329j:plain

朝からソフトクリームタイム。

f:id:hijirin18:20200927110255j:plain

美味い!

飲むヨーグルトやプリンなどもお土産で一通り購入。

f:id:hijirin18:20200927112704j:plain

 

ラストは厚岸の道の駅にて。

以前来たときはそれほどでもなかったのですが、今では超人気の道の駅になってました。

炉端焼きのお店は開店前ですでに行列。。。

そんななか行列のなかったレストランに。ここでは生ガキを。厚岸は牡蠣の産地ですから地元で採れたてのをいただけます!

f:id:hijirin18:20200927110359j:plain

運転してるので諦めましたが、厚岸ではウイスキーも作っているらしく、飲み比べや生ガキにウイスキーを垂らして食べるなんて贅沢も!

これは次回は厚岸に泊まるつもりで来たほうがいいかもしれません。

f:id:hijirin18:20200927110306j:plain

メインはこちらのカルボナーラ

クリームに海のクリームのカキも添えられています。美味い!

f:id:hijirin18:20200927110318j:plain

 

知床ドライブ 温泉巡り

天に続く道

北海道3日目は知床半島ドライブです。

斜里からウトロ、羅臼と抜けていく最初のポイントは天に続く道から。

国道334号でウトロ方面には行かずに真っ直ぐ突き当りまで進むと、畑の中に直線の先端があります。

知床は何度が行きましたが、今回はじめてここまで来ました。曇りだったのが残念といえば残念。道の果てが雲の中に消える感じがまた良しですね。

f:id:hijirin18:20200922092059j:plain

f:id:hijirin18:20200922092435j:plain

f:id:hijirin18:20200922092110j:plain

始点から少し行くと展望台があってオホーツク海まで見渡せます。

f:id:hijirin18:20200922092422j:plain

オシンコシンの滝

知床ドライブでは知床峠と並んでいつも立ち寄る場所です。

駐車場からすぐに二条に分かれる水量たっぷりの滝からマイナスイオン浴びてドライブの気鋭を養いましょう!

f:id:hijirin18:20200922092526j:plain

f:id:hijirin18:20200922092538j:plain

カムイワッカ湯の滝

知床五湖は渋滞で大変だったのでそれを横目にカムイワッカの滝までの砂利道を進みます。

相変わらずこの道は人と山の境目。狐やシカがよく出ます。事故らないように慎重に。

ちなみにこの道道93号線、冬季は通行止めなほか、夏の間もハイシーズンには一般車は乗り入れ不可なのでマイカーでカムイワッカの滝まで行きたいのなら時期を見定める必要あります。

この日は翌日からマイカー乗り入れ禁止でした。

f:id:hijirin18:20200922114814j:plain

たどり着いた道の終着点にある湯の滝を楽しみます。

滝は一の滝の上まで行けますが、それ以上は立ち入り禁止。

水温はほんのりぬるくて温泉だということが分かります。滝を登るのは基本は裸足ですが、登坂は急なうえに水が流れているので滑るのでご注意を。特に下りは危険なので慎重に。

気合い入れていくなら専用の靴かサンダルあると安全かも?

f:id:hijirin18:20200922092700j:plain

f:id:hijirin18:20200922092715j:plain

位置の滝のくぼ地にある水たまりは腰か腹まで浸かるので入るならそのつもりでw

f:id:hijirin18:20200922092733j:plain

f:id:hijirin18:20200922092748j:plain

羅臼ビジターセンター

知床横断道路をドライブで楽しみと行きたかったのですが。この日は霧が濃くてちょっと怖かったです・。。

知床半島の反対側、国後島が目の前の羅臼へ。

羅臼ではまずは羅臼ビジターセンター。ここも知床半島ドライブでは個人的に定番です。クジラの骨格標本の迫力もさることながら、知床に住む動物たちの剥製も見ごたえ抜群です。

しかも入場無料。トイレ休憩にも最適なうえ、後述の熊の湯にも近いというすばらな立地。

f:id:hijirin18:20200922093029j:plain

f:id:hijirin18:20200922093040j:plain

f:id:hijirin18:20200922093051j:plain

f:id:hijirin18:20200922093102j:plain

f:id:hijirin18:20200922093113j:plain

熊の湯

ま、何台か車は止められるので歩きはしないのですがww

熊の湯は白濁の温泉かけ流し。無人の村営温泉ですが、神棚には心付けを入れるのが礼儀でしょう。小銭だけ持っていきましょう。

男女は分かれているので女性にも安心。

ただ名前のとおり熊をはじめ野生動物が出るときもあるとか。

f:id:hijirin18:20200922093242j:plain

男風呂のほうは脱衣所以外は完全に開放されてますがww

誰もいないし何の気兼ねもなく芯まであったまってきました。8月なのに知床峠は17度で恐ろしく冷えた体があったまります。

湯温は高いほうですが、加水はせずに入りますよ!f:id:hijirin18:20200922093258j:plain

相泊温泉

お次の温泉を求めて羅臼町から道道87号線を北上します。

羅臼では山の上の展望台から市街地と国後島をセットで楽しめます。返せー!

f:id:hijirin18:20200922093615j:plain

この道はいままでの知床旅行ではいかなかった道でわくわくしますね。

道沿いには国後島を見れるルサフィールドハウスなどによりつつ温泉を巡ります。

道沿いには瀬石温泉と相泊温泉のふたつがあるのですが、個人所有の瀬石温泉のほうはこの日は入湯できず。。。

さらに先の相泊温泉へレッツゴーです。

f:id:hijirin18:20200922093412j:plain

こちらが相泊温泉。

海の目の前の海岸に湯が沸いてます。ブルーシートで一応男女分かれて囲まれてますので一応女性でも安心。な筈。

湯温もなかなかの暑さで気持ちよい。湯が直接湧き出ているところは熱いので一応注意ですかね。

f:id:hijirin18:20200922093427j:plain

入り口目の前は根室海峡。遠くに漁船も時々通ります。

湯当たりしたら海のほうに行くと潮の飛沫で体が冷えますよ!素っ裸を見られる覚悟の上ですがww

f:id:hijirin18:20200922093446j:plain

熊の湯は父なる山の中での解放感でしたが、ここは母なる海に向けたこの解放感がたまらないですね。気持ちよかった!!

f:id:hijirin18:20200922093501j:plain

相泊温泉からさらに進むと道道87号線の終点に。まだ知床半島の半分くらいですが。

ここから先は道はなし。番屋はちょいちょいあるみたいで登山などで入る人もいるらしいですが、一般人はここまでで地の果て感を味わいますよ。

f:id:hijirin18:20200922093630j:plain

f:id:hijirin18:20200922093801j:plain

夏の道東旅行 オホーツク海

釧網線

今回は車旅なので前回のように乗りませんが釧網線オホーツク海沿いはやはり絶景ぞろい。

網走から浜小清水までの国道244号は北海道でもお勧めのドライブラインです。

まずは北浜駅。昭和感漂う映画セットのような駅舎は旅情を感じますな。

f:id:hijirin18:20200913092841j:plain

列車が来る時間は2,3時間に1回なので事前に調べないと鉄道写真は撮れないんですよね。

駅舎だけも楽しいですけどね。

目の前は海以外にないこの何度来ても写真映えしますな。

f:id:hijirin18:20200913092851j:plain

f:id:hijirin18:20200913092901j:plain

f:id:hijirin18:20200913092915j:plain

夏季限定の原生花園駅。

名前の通り駅の目の前には濤沸湖畔の事前のママの花畑が広がっています。

湖は水鳥や馬も住んでいて遠めに見ることができます。駅の目の前の遊歩道はわずかなのでおもいっきり歩いて見て回るようなことはできないんですけどね。

駅からはオホーツク海側への遊歩道もあって、パノラマを楽しむこともできるのが利点です。

駅前以外にも駐車場はあるのでやはり車でちょいちょい見て回るのがいいかと。

f:id:hijirin18:20200913093036j:plain

f:id:hijirin18:20200913093009j:plain

f:id:hijirin18:20200913093022j:plain

浜小清水駅は駅に道の駅も合体したちょっとした市街地にあります。

ここで国道244号はオホーツク海から離れますが、鉄道はまだ海沿いを走ります。

その浜小清水駅から歩くこと5分ほど、オホーツク海を望む丘の上には謎のピラミッドが!

冬にはここからオホーツク海の流氷を観察できる展望台になっているそうで。入場は自由(誰もいなかった)なので夏の間も展望台として使えます。

しかし、何といっても形が面白いですよね。

f:id:hijirin18:20200913093254j:plain

登った先での風景。

冬にはここに流氷が押し寄せると。

f:id:hijirin18:20200913093306j:plain

浜小清水駅方面。その先は知床です。

f:id:hijirin18:20200913093317j:plain

内陸側

f:id:hijirin18:20200913093330j:plain

神の子池・裏摩周

多少時間に余裕があったのでこの日の宿の斜里に行く前に内陸部へ40㎞ほど。

清里ブルーで有名な神の子池へ。

ここに来たのはもうだいぶ前ですが、遊歩道などの整備が進んでいましたね。

f:id:hijirin18:20200913093422j:plain

以前はこの板の橋を渡るような遊歩道で水も手で掬えるほどの距離だったんですが、現在は木道が整備されててそれ沿いに散策することになります。

外は熱いんですが、ここはマイナスイオンが出ているせいか涼しい。

f:id:hijirin18:20200913093437j:plain

f:id:hijirin18:20200913093451j:plain

裏摩周展望台はその神の子池からすぐなのでついでで。

今回も霧の摩周湖ではなくすっきり見れました!

f:id:hijirin18:20200913095009j:plain

f:id:hijirin18:20200913095024j:plain

帰りの道筋上の清里市街。

前回の知床旅行ではこの町で宿泊しました。

この西洋風の建築物は清里名産のじゃがいも焼酎の工場

f:id:hijirin18:20200913095056j:plain

工場手前には売店があって試飲もできますよ。

運転してるんでやらなかったですが。3種類あって、スタンダード、樽熟成、古酒と3種類。

f:id:hijirin18:20200913095108j:plain

斜里

この日のお宿は斜里駅前のルートイン。温泉付きです。

ただご飯はないので夕食は斜里の居酒屋、魚元さんでいただきました。

メニューはなく、女将さんのお勧めの料理がストップ宣言するまで出続けますww

f:id:hijirin18:20200913095145j:plain

鮭ハラスDEKAI!

f:id:hijirin18:20200913095201j:plain

ツブ貝もDEKAI!

f:id:hijirin18:20200913095214j:plain

マスの白子だったか。これもまたうまし

f:id:hijirin18:20200913095227j:plain

山菜に

f:id:hijirin18:20200913095243j:plain

ラストはカニ入り卵焼き

f:id:hijirin18:20200913095259j:plain

そしてカニそのもの

f:id:hijirin18:20200913095313j:plain

ごちそうさまでした。

 

夏の道東旅行 阿寒湖、網走

真夏の旅行は道東へ。

ピーチが開設したばかりの成田ー釧路線を使って北海道上陸です。

ただあいにくの天気でちょっと残念でした。

 

丹頂鶴自然公園

釧路空港でレンタカーをピックアップして、まずは5分も走らず最初の目的地へ。

タンチョウは渡り鳥で見れるのは冬だけと思ってましたが、この自然公園では1年を通して観察することができる場所になっています。

夏は子育ての季節、子供も観察することができました。

ペンギンの子供のように、まだ鶴というには茶色い羽毛をまとった子供が親の近くで遊んでました。

f:id:hijirin18:20200906155515j:plain

f:id:hijirin18:20200906155538j:plain

f:id:hijirin18:20200906155554j:plain

f:id:hijirin18:20200906155608j:plain

 

阿寒湖温泉

釧路、知床方面には過去2回ほど行ってましたが、どちらも阿寒湖、屈斜路湖方面に行っていたので今回は阿寒湖へ。

この阿寒湖の温泉で1泊。8,000円で2食+ビール1杯付という格安プランです。でも観光客も少なかったからか、阿寒湖ビューのお部屋に案内されて大満足でした。

雨だったけど。

温泉街にある手湯にも石のマリモがw

f:id:hijirin18:20200906155719j:plain

お土産屋には当然マリモ。

なんかマリモ色のビールなんかもありました。美味くなかったけどww

f:id:hijirin18:20200906155733j:plain

遊歩道も、足元がぬかるんでいる状態でしたが散歩を楽しみました。

ランタンに照らされて、霧が立ち込める空気の中ってともまたオツなものでしたね。

f:id:hijirin18:20200906155748j:plain

阿寒湖の観光船は乗ろうと思ったのですが、翌日も天気は良くなかったので今回はパス。

f:id:hijirin18:20200906155800j:plain

相生鉄道公園

国鉄相生線の鉄道遺産として整備されている公園です。

相生線は美幌から釧路への鉄道計画で作られたそうですが、計画は途中の相生までで中断。1985年に廃線となりました。

f:id:hijirin18:20200906155914j:plain

公園内には貨物車、客車なども保存されていますが、圧巻は除雪車ですかね。

本州では見ないですし。そのパワフルな外見の迫力は凄いですね!

f:id:hijirin18:20200906160008j:plain

f:id:hijirin18:20200906160023j:plain

客車のうち1両は宿泊所になっているみたいです。

この時は使用禁止になっているようでしたが。

f:id:hijirin18:20200906160041j:plain

旧北見相生駅舎にはカフェも併設。

f:id:hijirin18:20200906160058j:plain

看板猫がお迎えしてくれてました(=^・・^=)

f:id:hijirin18:20200906161322j:plain

公園は道の駅も併設。

相生名物というクマヤキも食べてきました!なかなかの美味。

f:id:hijirin18:20200906155840j:plain

網走湖

相生から北上して女満別側の網走湖の南端当たりを散策。

晴れてきたので。

湖畔ではシジミ採りをする人たち。一袋200円で詰め放題なほどザクザク採れるそうでww近くの道の駅ではシジミラーメンなどが名物として販売してました。

f:id:hijirin18:20200906161820j:plain

f:id:hijirin18:20200906161837j:plain

網走刑務所

ゴールデンカムイの舞台としても有名になった網走刑務所を見学してきました。

思った以上に敷地は広くてじっくりすべての建物見学したら3時間以上はかかるでしょう。

内部は網走刑務所の歴史から、囚人たちの生活や彼らが開拓した場所はその逸話など、たくさんの蝋人形と映像で見ることができます。

北海道の開拓だけでなく、太平洋戦争時の南洋での飛行場建設などでも活躍したそうで。なかなか興味深い展示物が多かったですね。 

f:id:hijirin18:20200906162117j:plain

f:id:hijirin18:20200906162053j:plain

f:id:hijirin18:20200906162105j:plain

ゴールデンカムイ劇中でもクライマックスの舞台となった五条に伸びる舎房はやはり特徴的。ここも第1舎房から第5舎房まで隅々まで見学しようとしたらかなりの時間がかかります。

f:id:hijirin18:20200906162318j:plain

f:id:hijirin18:20200906162334j:plain

f:id:hijirin18:20200906162351j:plain

中央の監視塔と、昭和の脱獄王白鳥良栄の居た第4舎房が見どころですね。実際に白鳥が収監されてた24房は特別に説明文まであります。

f:id:hijirin18:20200906162303j:plain

上を見ると正に脱走中の白鳥人形w

f:id:hijirin18:20200906162248j:plain

 

雨の京都旅 琵琶湖畔の坂本、堅田

満月寺

京都3日目は比叡山の東側、滋賀県をぷらっと。

京都駅から湖西線に乗って堅田までまずは行きます。JRで行くと山科からトンネルに入るのでものの30分ほどで到着です。

堅田駅から満月寺までは歩くと30分ほどですが、夏の暑い盛り、バスで向かいました。駅前から浮御堂行きのミニバスに乗っておよそ10分。

バス停から琵琶湖方面へ歩いていくと唐風の門がお出迎えしてくれます。

f:id:hijirin18:20200830151820j:plain

満月寺へ来た目的はこの浮御堂。

近江八景の一つ「堅田落雁」です。

雨でしたが湖上の仏堂が、湖面に映る様はやはり美しいですね。琵琶湖大橋の近くなのでドライブなどでなら行きやすいかもですが、なかなか公共交通機関では足を延ばしにくいので、いままの京都旅行でも敬遠してた場所です。来てよかった。

f:id:hijirin18:20200830151805j:plain

f:id:hijirin18:20200830151537j:plain

浮御堂への橋にかかる松の木は屈まないと針が刺さるくらいw

f:id:hijirin18:20200830151517j:plain

境内から橋に向かうとこんな感じです。襲い掛かってくるようですw

f:id:hijirin18:20200830151752j:plain

仏堂は写真禁止なので浮御堂の湖側に立って写真を。

一周できるのですが、結構狭いのでパノラマで撮ってみました。

f:id:hijirin18:20200830153300j:plain

雨の時は庇に開けられた穴から雨粒が等間隔に落ちてきます。

なんとなくそれを見ているだけで時間を忘れてしまいました。

f:id:hijirin18:20200830162527j:plain

境内の別の仏堂も見学しましたが、そちらは天井に描かれた花の絵が素晴らしかったですね。

朝顔、菊など日本のものからひまわりなどまで。

f:id:hijirin18:20200830151907j:plain

周辺をちょっと散歩もしてみましたが、金魚を飼育しているお店はなかなか涼しげでした。

f:id:hijirin18:20200830152134j:plain

f:id:hijirin18:20200830152116j:plain

 

旧竹林院

堅田から京都方面に戻ります。

湖西線に二駅乗って比叡山坂本で下車。

大河ドラマ麒麟がくるで今熱いであろう坂本へ向かいます。ここも駅からは退部距離があるのでバスに乗って。

向かった先は旧竹林院。

比叡山で隠居したお坊さんが住んでいたという邸宅です。

ここの見どころは緑のリフレクション。前日の瑠璃光院と同じですね。拝観料は300円とだいぶ値段に差がありますが。

雨天ということであまり人も来ず、静寂を楽しむことができました。

2階の広間もこの奥行き。

f:id:hijirin18:20200830152342j:plain

そして配置されたテーブルに映りこむ緑は素晴らしいです。

秋に来たら真っ赤に染まりそうでまた来てみたいですね。

坂本は寺社の街で街歩きも楽しそうだったのですが、雨が強くなりすぎて歩き回るのはあきらめたので。

f:id:hijirin18:20200830152215j:plain

f:id:hijirin18:20200830152235j:plain

1階の広間でも同じように庭の景色をテーブルに反射させた写真が撮れます。

2階からとは違って、石灯籠や、角度を頑張れば庭にある赤い布を被った床几台や野点の唐傘(唐傘は出てませんでしたが)も入れて赤いアクセントのある写真が撮れそうでした。

f:id:hijirin18:20200830152256j:plain

f:id:hijirin18:20200830152312j:plain

お庭も意外と奥行きあって、苔や小川など日本庭園を一通り楽しめます。

f:id:hijirin18:20200830152733j:plain

f:id:hijirin18:20200830152804j:plain

f:id:hijirin18:20200830152750j:plain

 

日吉大社

旧竹林院からすぐの日吉大社も見学してきました。

日本の日吉・山王・日枝神社の総本山として2000年以上の歴史があるそうで。

境内はとても広く様々な神様が祭られている社に拝殿などが多数配置されています。

参道にある鳥居は山王鳥居といい、普通の鳥居に合掌の形がくっついている珍しい形。東京の日枝神社にもあるやつで、神仏習合を意味するらしいです。

f:id:hijirin18:20200830153140j:plain

f:id:hijirin18:20200830152959j:plain

f:id:hijirin18:20200830153124j:plain

f:id:hijirin18:20200830153155j:plain

個人的には境内のあちこちを流れる水路の作りに感心するとともに、その先の川にかかる石橋がなんとも美しかったのが印象的でした。

敷地東側の二宮橋は通行不可でした。

f:id:hijirin18:20200830153034j:plain

本宮へ続く表玄関である大宮橋とその横にある走井橋は歩行可能。

f:id:hijirin18:20200830153013j:plain

特に走井橋は至極単純なつくりですが、かえってその素朴感がいい感じでした。

f:id:hijirin18:20200830165218j:plain